MOLINOTHトップ

もりの日々をつづる もりのすブログ

STUDIOブログ

薪ストーブメンテナンス

自邸の薪ストーブのメンテナンスをアリュメール群馬の水澤さんにお願いしました。

毎年シーズンオフには自分で簡単なメンテはしていましたが、今回はストーブを使用してから初めてプロにお願いして細部までのメンテナンスです。

丁寧に養生をして、最新式の電動ブラシを回転させながら煙突内部を掃除していきます。
最近は安全性を考えて、屋根に上らなくても出来るようです。

しかし、我が家の場合は上部で煙道が90度に曲がっている為、上部からの作業も行っていただきました。

年間の使用頻度はそれほど多くはないですが、それでもそれなりの煤(すす)がたまりました。

薪ストーブを安全に快適に使用する為にも、定期的なメンテナンスは行いましょう。

掃除完了後、水澤さんから薪ストーブの使用方法についてレクチャーいただきました。この薪の入れ方はトップダウン着火といって、太い薪を一番したにして、中薪、焚小薪、焚き付け材と上に重ねて置き、一番上に着火剤などで火種をつくり、上から下へと火を付けていく方法です。
火が安定するまで薪の補充をしたりなどの手間が省けることがメリットです。

アリュメール群馬さんでは薪の販売もしています。薪の用意も完了して、今シーズンも
薪ストーブライフを楽しみたいと思います。

MOLINOTHトップ